Life Studies

 

また突然のお知らせです。

昨晩するべきでしたが、設営が終わって焼き肉を食べたら

もう胃もたれがすごくて、、今朝になりました。

来る2014年2月12日水曜日(なんと明日!!というか今日!)

から銀座のニコンサロンで写真展が始まります。

いつもこんな急なお知らせでごめんなさい!!

今回はニューヨークのシリーズです。

言葉にできないものがいっぱいつまった「Life Studies」です。

ぜひ見に来てください。

オープニングパーティは6時半から。

ホットワインでお待ちしています〜!

 

藤岡亜弥写真展「Life Studies」

Aya Fujioka Exhibition “Life Studies”

銀座 Nikon Salon
2014/2/12(wed)-2/25(tue)
10:30-18:30(last day-15:00)
Opening Party :2014/2/12(wed) 18:30-

 

 

1619347_619404021465837_1043297025_n

 

「Life Studies」

 

2007年秋、文化庁の留学生として1年間の予定で、私はニューヨークを選んだ。予想もしなかったことだが、それから4年間もニューヨークで生活をすることになった。

これまでにない開放感と高揚感が自分にあったこと、エキサイティングな出会いやこの街の不思議なエネルギーは語るに語り尽くせない。しかし、美しくうそをついてしまいたくなるほど隠しておきたいことも多い。逆風は、まず最初のアパート探しからはじまり、その後も気が遠くなるような失敗や事件や失望があった。

虚言癖のあるボーイフレンド、自称「女優」で浮き沈みの激しいガールフレンド、マリファナ中毒の隣人、ルーズでナルシストなルームメイト。うらやましいほど自分勝手な人たちばかりを相手に、私はいつも腹を立てていた。私も含めみんなが病的で、まじめに滑稽だった。

ルームメイトともよくケンカした。たとえば、「Here is New York! Go home or Go to New Jersey if you don’t want to be selfish!」(ここはニューヨークよ!わがままがイヤなら、家に帰るかニュージャージー(*隣の州)に行け!)というありがたい言葉は、勝手に人の部屋に入って私の洋服を借りるルームメイトが言い放った一言である。まるで格言のようだった。こんな理不尽にも出くわさず楽しくニューヨークに暮らす人はいっぱいいるだろうに、なぜ私がこのようなクセ者ばかりを引き寄せるのか自分が情けなかった。

そんな日常が本編なら、この物語の本編をおもしろがる余裕など私にはなかった。いつもそこから逃げ出し外に向かって歩こうとする自分がいた。私が目をそらした先、物欲しそうに見つめたもの、それがここにある私のニューヨークなのかもしれない。

強烈な都市の魔力にわなないたり救われたりしながら、私は何度小さな自分を見つめたことだろう。

ニューヨークを想うと今でも心が震えるのは、それが私にとって鈍く光りつづける時間だからだ。

それは私に与えられたかけがえのない「Life Studies」だった。

 

藤岡亜弥

 

 

 

 

 

2014-02-12 | Posted in BLOG1 Comment » 

コメント1件

 のりねえ | 2014.02.18 10:43

満を持しての写真展、開催おめでとうございます。
私にとってもNYは思い出深く、おいしいホットワイン、おつまみの数々と共に写真を楽しみました。

25日まで、また、大阪でも体調に気をつけて、頑張ってね。

Comment





Comment



CAPTCHA